Ohanaの
モンテッソーリ教育に
ついて

モンテッソーリ教育とは、
医師でありながら、
教育家としても
活動していた
イタリアの
「マリア・モンテッソーリ」が
考案した教育法のことです。

モンテッソーリ教育の最終目的は

それぞれの子どもを発達段階に合わせ、「自立していて有能で、責任感と他人へのおもいやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間に育てる」ことです。

今後の社会は、今までと違って予測できない時代がくると言われています。誰かを当てにして生きていくことは難しく、自分で決断して行動しながら生きていく力が必要だと言われています。

今後の時代を生きていく子どもたちには、とても大切な考え方の教育理論と言えるでしょう。

モンテッソーリ教育のメリットとは

能力の獲得に最適な敏感期
(0歳〜3歳において)

1.言語の敏感期
7ヶ月の胎児期〜3歳前後は、話し言葉がもっとも身に付く時期です。
2.秩序の敏感期
場所や物事の順番に対してのこだわりとして、大人にとってはどうでもいいようなことに、この時期の子どもはこだわります。
3.感覚の敏感期
五感と言われる視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚の感覚的印象をすべて溜め込みます。
4.運動の敏感期
歩く・座る・持つ・運ぶのような大きな動きを獲得します。
モンテッソーリ玩具を使ったコーナー遊びの画像
モンテッソーリ玩具を使ったコーナー遊びの画像

教育の中で最も重要な乳幼児期

モンテッソーリ教育の考え方では、人は人間として完成するのは24歳頃とされており、それまでの発達段階を4つに分けて定義しています。

その第一期としての乳幼児期は、その教育の中で最も重要な時期とされています。

Ohanaで大切にしていること

モンテッソーリ玩具を使ったコーナー遊びの画像
モンテッソーリ玩具を使ったコーナー遊びの画像